WOOLYロゴマーク
製品情報まろんくんふきだし
おいしそう…!
牧草を与える時のお願い

BLOOM -ブルーム- 
製品 Q & A

飼い主さまから寄せられたお問い合せの中から、
よくあるご質問についてお答えいたします。
(質問をクリックで回答が表示されます)

Q1.与えてみましたが、食べません。
Answer
うさぎは特性として、馴染みのないものを受け入れるのに時間がかかる動物です。
フードに関しても同じで、新しいものを警戒して食べ始めるまでに時間がかかることがあります。

また、ブルームには「嗜好性を上げるためだけの素材」を配合していないため、嗜好性に特化したフードではありません。(※ 牧草の食べが悪くなったり、偏食につながるため)

元々食べていたフードに少しづつ混ぜて香りを移し、ゆっくり慣れてもらうといいでしょう。

Q2.どうして4種類に分かれているのですか?
Answer
ウーリーでは、うさぎの繁殖や終生飼育を長年続けてきました。
そして仔うさぎから成うさぎになる過程を見続けてきた中で、うさぎの成長から老化に至るまでには4段階の区分けができることを学びました。
一般的に言われている年齢区分けよりも細かくすることで、 各年齢に対応した最適な配合をお届けします。
Q3. ブルームを食べれていれば、
乾燥牧草は与えなくても良いですか?
Answer
乾燥牧草(ティモシー等)を問題なく食べる子であれば、乾燥牧草も一緒に食べさせてあげてください。
不正咬合などで、どうしても牧草が食べられない子にはブルーム中心の食事をおすすめします。
(実際に、ブルームだけで長生きしている子はたくさんいらっしゃいます)
Q4. 粉が多い気がします。
Answer
ブルームは素材の粘性を抑えた製造方法(低温加工)により、歯根に優しくほぐれることが特徴です。
しかしこのことが、衝撃に弱く、他のラビットフードと比べて粉が多く出てしまう原因となります。
誠に恐縮ですが、製品の特性としてご理解いただけましたら幸いです。
Q5. 他社フードとどこが違いますか?
Answer
食材の品目数、ペレットのほぐれやすさ、粘性、繊維質の大きさ、尿中カルシウム量です。

【食材の品目数】
野生のうさぎは多種多様な草木を食べて栄養バランスを補っていますが、家庭ではそのように豊富な種類の食材を用意することがなかなかできません。
ブルームでは「うさぎ本来の食事」を意識して、25品目以上の多品目食材を配合しました。

【ペレットのほぐれやすさ】
硬すぎるペレットは、歯根に負担をかけて「ズレ」を生じさせる要因になるとも考えられています。
ブルームはうさぎが最初に噛んだ時、簡単に崩れる絶妙なほぐれやすさを実現しました。

【粘性】
低温での加工により、素材に含まれる成分の粘性が抑えられていることから、うさぎが食べた時に歯に付着しにくくなり、口内環境を清潔に保つことが期待できます。

【繊維質の大きさ】
大きさを保った牧草繊維がたっぷり含まれているので、咀嚼回数を増やし、一回り大きいフンを作り出すことに貢献します。

【尿中カルシウムの量】
ブルームシリーズはカルシウムを最小限まで抑えていますので、お尻周りを清潔に保つことができます。
Q6. ペレットは1日にどれくらいの量を与えれば良いですか?
Answer
まず、必ずうさぎの体重を測りましょう!

ブルームは、1日あたり《牧草を食べているうさぎの場合は体重の3%》、《牧草を食べていないうさぎの場合は体重の4%》が目安量です。

ただし、それぞれのうさぎに必要な量は、年齢や性別、換毛時期、食餌、生活環境、運動量や季節などさまざまな変化により変動があります。 (人間もそうですね)

一概に決めるのではなく、飼い主さんの体重管理のもとで与える量を調整してください。
Q7. 今まで問題なく食べていたのに、
新しい袋に切り替えたら食べなくなってしまいました。
Answer
ブルームに使われているメインの食材は、牧草やハーブなどの植物です。
植物たちは、その年の気候や温度によって成長具合も変わり、味も変わってきます。 それは自然界にある植物たちにとってはごくごく自然なことですが、そうした素材が主原料なため、配合量を同じ比率にして作っていても、うさぎによってはちょっとした匂いや味の変化に気付いてるのかもしれません。
対策といたしましては、一気に新しい袋に切り替えるのではなく、今まであげていたペレットが少なくなってきたら新しい袋を開封して、しばらく半々に混ぜてみてください。
うさぎ自身もビックリすることなく食の変化に対応できることと思います。
Q8. ブルームはどうやって保存すればいいですか?
Answer
般的なラビットフードの水分含有量は8~10%程度ですが、ブルームは3.0~4.5%という低い水分量です。
そのため開封後そのまま放置していると、空気中の水分を吸い取り湿気てしまうことで、ペレットの嗜好性が格段に落ちることがあります。
内袋の総合栄養食を外袋にあけ、チャックをきちんと閉めて、できるだけ涼しい場所で保管し早めに使い切ってください。
Q9. ペレットに赤色の線が付着しています。
Answer
稀に下の写真のような「赤い線」がペレットに付着していることがあります。
これは製造工程において、材料から発生した熱で炭水化物が変化発色したことによるものです。
異常や危険なものではありませんので、安心してお使いください。 赤い線の付着したペレットのイメージ