本文へスキップ
 良質の牧草生活からはじまる

牧草の刈り取りってどうしてる?


   収穫機に大型刈り取り機で刈られた牧草は、
   広大な草地にそのまま広げて天日干し(乾燥)されます。
   乾燥後、集草機で牧草を集め、
   吸い取りながら圧縮機で長方形(シングルプレス・ダブルプレス)にしてビニール紐で縛ります。
   この作業の途中に雨が降ってしまうと牧草の品質(グレード)が落ちるため、
   牧草農家さんは天気予報を頼りに、晴れた日に一気に作業をしているのです。
   
   *国内外のメーカーが販売している海外産の輸入牧草の収穫方法は、ほぼ同様で、
    一度圧縮された牧草を使用していると思われます。
    


   牧草の刈り取り風景
 
牧草を機械で吸い取り、
圧縮機で長方形に形成します。






   

牧草地には、牧草の塊が次々と
出来上がっていきます

 



USA牧草に関連するコンテンツ


海外で育った牧草が
日本に輸入されてから
どんな経緯を経て
飼い主さまの手元に届くのかが
詳しくわかります!