本文へスキップ


information乳酸菌の種類  商品に使われている乳酸菌をご紹介


 『うさぎの乳酸菌』及び『うさぎのやわらか乳酸菌』には、
 3種類の乳酸菌が使われています。
 これらは腸内に存在する善玉菌で、その働きはさまざま!
 ここではそれぞれの乳酸菌にはどんな働きがあるのか、詳しく説明します。

 ●ビフィズス菌
  腸内に存在する善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、腸の働きを活発にしてくれます。
  排便を促す効果も◎。

 ●フェリカス菌
  一般の乳酸菌に比べて免疫力(自然治癒力)を高める効果があると言われています。
  胃に耐えられる力を持っているため、他の乳酸菌よりも生きて腸に届きやすいです。

 ●有胞子性乳酸菌
  有胞子菌は自分の体の周りに殻をまとっているため、
  高温や胃酸、胆汁、乾燥に耐えることが可能です。
  そのため、生きたまま腸に届く確率が一番高い乳酸菌とも言えます。
  腸に到着すると、殻が割れて一気に増殖し、乳酸を作り、有害菌の増殖を抑え、
  腸内バランスを整えます。