はじめてのBLOOM


 ブルームシリーズはうさぎの為に丹精込めて手作りした高級フードです。
 しかし、うさぎは特性として、なじみのないものはなかなか受け入れるのに時間がかかる動物です。
 フードに関しても同じで食べなれていないものは、食べ始めるまでに時間がかかったりします。
 ブルームを食べさせるのが初めての場合、元々食べていたフードに少しづつ混ぜて与えると、
 だんだん匂いに慣れてきて、少しづつ口に入れてくれるようになり、やがて食べてくれるようになるので
 気長に待ってあげてください。
 そのような事をしなくても、すぐにパクパク食べてくれるおおらかなうさぎもいるので、その場合は普通に
 切り替えてしまっても問題はありません。
 うさぎの様子を見ながら臨機応変に対応してあげましょう。
 量は、牧草を食べているうさぎの場合、体重の3%、牧草を食べていないうさぎの場合、体重の4%を目安
 に与えてください。
 それぞれのうさぎに必要な量は、年齢や性別、換毛時期、食事、生活環境、
 運動量や季節などによって異なります。上記はあくまでも目安です。
                                    

 仔うさぎの場合


 ブルームは6ヶ月からのスタンダードが一番低年齢のフードとなっています。
 それ以前の仔うさぎには、ヘイノルドとの併用がお勧めです。
 生後6か月まではヘイノルドの商品を与え、スタンダードブルームを徐々に混ぜながらスタンダード
 ブルームへの切り替えを行っていくとスムーズに移行できます。
                                 


 新しい袋を与える時


 ブルームに使われているメインの食材は、ティモシーやハーブをはじめとする植物です。
 植物たちは、その年の気候や温度によって成長具合も変わり、味も変わってきます。
 それは自然界にある植物たちにとってはごくごく自然なことです。
 そんな植物たちを材料にして作っているため、配合量を同じ比率にして作っていても、
 うさぎによってはちょっとした匂いや味の変化に気付いて食べなくなる場合があります。
 飼い主さんもまた、ロットによって品質が違うということを心に留めていただけると幸いです。
 対策としては、一気に新しい袋に切り替えるのではなく、
 今まであげていたペレットが少なくなってきたら新しい袋を開封して、
 半々に混ぜて与えることで、スムーズに移行できるでしょう。
 うさぎ自身もビックリすることなく食の変化に慣れてくれることと思います。

                             

 ブルームの保存方


 一般的なラビットフードの水分含有量は8〜10%程度ですが、
 ブルームは3.0〜4.5%という低い水分量です。
 そのため開封後そのまま放置していると、空気中の水分を吸い取り湿けってしまうことで、
 ペレットの嗜好性が格段に落ちることがあります。内袋の総合栄養食を外袋にあけ、
 チャックをきちんと閉め、できるだけ涼しい場所で保管し早めに使い切ってください。

スタンダードブルーム
STANDERD BLOOM
6ヶ月〜の総合栄養食
シニアブルーム
SENIOR BLOOM
2歳〜の総合栄養食
シルバーブルーム
SILVER BLOOM
4歳〜の総合栄養食
スペシャルブルーム
SPECIAL BLOOM
6歳〜の総合栄養食

BLOOM